ダミーテキスト

ダミーテキスト

ダミーテキスト

ダミーテキスト
Q 診療の予約はできますか?
A
当院は予約制ではありません。直接、医院にお気軽にご来院ください。初めての方は診療終了時間の1時間前にご来院ください。
Q 手術は痛くないですか?
A
局所麻酔を行いますので、基本的に痛みは感じません。
Q 手術時間はどれくらいでしょうか?
A
当院の白内障手術の時間は5~6分です。手術時間を短縮することでダメージを最小限に抑えます。
Q 手術は入院が必要ですか?
A
当院では日帰りで白内障手術を行っております。ただし、疾患の状態によっては病院で入院が必要な場合があります。
Q 手術をすればもう二度と白内障になりませんか?
A
一度、手術をすれば白内障に疾患することはありませんが、術後数ヶ月から数年経過して後発白内障という眼内レンズをを支持する外側の膜に細胞が増殖して混濁し、視力が低下することがあります。その場合はレーザー治療で改善します。
Q どれくらいで普通の生活に戻れますか?
A
基本的には1週間以内には日常生活に戻れます。手術後1~2ヶ月以内は創口から細菌が入る可能性があるので、眼に水が入ったり押したりする行為を控えていただきます。
Q 多焦点眼内レンズにより眼鏡が必要にならなくなりますか?
A
個人差がありますが、約8~9割の方は眼鏡無しでも生活されております。約1~2割の方は遠方もしくは近方用に補助的に低い度数の眼鏡をかけることがあります。
Q 単焦点眼内レンズでは眼鏡が必要でしょうか?
A
 術前の屈折検査で遠視もしくは正視と診断されると、眼内レンズは正視になるよう度数を調整しますので、手元を見るとき用のいわゆる老眼鏡が必要となります。
 元々、近視である場合は、30~40cm位に焦点が合うような近視に眼内レンズを選択しますので、遠方を見るときの眼鏡は必要となります。また、読書や手芸、スポーツ等の趣味や職業によって眼内レンズの選択は適宜、医師が説明いたします。
Q いつ頃、術後の眼鏡を処方していただけますか?
A
約1ヶ月から1ヶ月半経過し、屈折の値が安定した頃に眼鏡の処方箋を出します。お好きな眼鏡店で作成してください。元々お持ちの眼鏡が合う場合はその旨を説明いたします。
Q 身体が不自由でも手術は受けられますか?
A
検査室と手術室を含めてバリアフリーでエレベーターもありますので車椅子や杖の患者さまでもご安心ください。
Q 眼内レンズは単焦点と多焦点で交換できるものでしょうか?
A
当院では手術前に納得されるまで説明しご検討いただいた上で、眼内レンズを選択し、手術を2回行うリスクより、1回目の手術により事前に選んだ眼内レンズでお過ごしいただく方が安心で有益と考えております。
Q 乱視用の眼内レンズはいかがでしょうか?
A
屈折検査や角膜形状解析により必要と診断された方のみ選択いたします。
Q 手術当日は付き添いが必要ですか?
A
手術後多くの場合、眼帯をして帰宅しますので、運転はできません。ご家族の送迎か、タクシーでの帰宅をおすすめします。ご本人がしっかりされていれば、お一人でも問題ありません。