選定療養実施施設

多焦点眼内レンズ の取り扱いをスタート

 白内障手術で眼に入れるレンズは、焦点が1個の単焦点眼内レンズと、複数の距離にピントが合う多焦点眼内レンズがあります。眼内レンズは数十年もつといわれています。近年、生活スタイルに応じて多焦点眼内レンズを利用する方が増えてきました。
 当院では、2020年4月から「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の選定療養実施施設されました。

眼鏡無しで生活したい方

多焦点眼内レンズ

 日常生活では、車の運転や景色を眺めるなど、遠くを見るときと、携帯電話やスマートフォン、読書やお化粧、料理など、近くを見るときがあり、両方に上手くピントを合わせる必要があります。
 白内障手術で眼に入れる眼内レンズは、人工のレンズですので、自分の意思通りにピントを合わせるのは難しくなります。
 特に、1点に焦点が合う単焦点眼内レンズを挿入された方は、多くの場合、眼鏡が必要となります。
 多焦点眼内レンズは、複数の距離にピントが合うので眼鏡が必要ないケースもあります。

 当院の多焦点レンズはAlcon社製Pan Optix 及び AMO社製テクニスシナジー 及び テクニスシナジートーリックを使用しております。

 ※ただし、眼底疾患や近視、乱視の強い方、夜間の運転が多い方にはおすすめできません。患者さまのご要望や眼の状態、生活スタイルに合わせて、適切なものをご提案いたします。

眼内レンズの種類

単焦点眼内レンズ
単焦点眼内レンズ(乱視矯正)
多焦点眼内レンズ(乱視矯正)
多焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズ(乱視矯正)

"単"焦点と"多"焦点の
見え方の違い

単焦点眼内レンズ
多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズを
使用する
白内障手術の選定療養

 多焦点眼内レンズを使用する白内障手術を受ける場合、当院では選定療養の費用として、通常の診療費とは別に以下の金額をご負担いただきます。

3焦点レンズ 
パンオプティクス
240,000円(税込)
3焦点レンズ 
シナジー
250,000円(税込)
3焦点レンズ 
シナジー 
トーリック
270,000円(税込)

 選定療養とは、患者さまご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、その分の費用は全額自己負担となります。 令和2年4月より、術後の眼鏡装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを使用する白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。 当院は多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として届出をしています。多焦点眼内レンズをご希望され対象となる患者さまには診察時に詳細を説明いたします。

選定療養

患者様の皆様には、ご理解いただきますよう宜しくお願い申し上げます。